トイレの水まわりで起こる配管トラブル

ここからは、より具体的に水まわりで起こるトラブルとしてどのようなものがあるのかを紹介します。最初に紹介するのは、水まわりトラブルの中でも特に発生率が高い場所であるトイレのトラブルについてです。ここではトイレの水まわりトラブルとして、配管に発生するトラブルとしてどのようなものがあるのかを紹介します。

トイレには、便器を洗浄する水を供給するための配管と、使用した水を下水に流すための配管との2つが存在しています。ここでは、特に上水側に発生するトラブルとしてどのようなものがあるのかを紹介します。トイレを使用する時、水洗レバーをあげても水が流れない、というトラブルが発生することがありますが、これはどのような原因で発生しているのでしょうか。

水が流れないトラブルで考えられる原因として、まずはタンクに問題が発生している場合があげられます。タンクの水栓が上手く機能しておらず、レバーをあげた時に連動して動かなくなってしまっている場合に発生する問題です。位置がズレている程度のこともあれば、パーツに問題が発生していることもあります。

また、配管自体の問題があり、水が来なくなってしまっている場合もあります。前者の水まわりトラブルは自分でも対処可能ですが、こちらの水まわりトラブルは素人での対処は困難であると言えるでしょう。