トイレの水まわりで起こる詰まりトラブル

トイレで起こる水まわりトラブルとして、次に紹介するのは下水への配管の詰まりのトラブルについてです。詰まりというのは様々な水まわりで起こるトラブルで、多くの場合「流してはいけないもの」が流されてしまったことによって発生します。トイレの場合、トイレットペーパーではなく、水溶性の低いティッシュペーパーなどを流した時に、水まわりトラブルが発生しやすい傾向があります。また、トイレットペーパーの場合でも、一度に多く流そうとしすぎるとつまらせてしまう可能性があります。

トイレの詰まりのトラブルは、水まわりのトラブルの中では比較的素人でも対処が行いやすいトラブルとなっています。詰まっているものの種類や量にもよりますが、基本的にはラバーカップを使用することによって概ね解決することが可能です。また、ラバーカップがない場合であっても、お湯を入れることで溶かしやすくして流すことができる場合もあります。

ただし、お湯を使って水まわりのトラブルを解決しようとする場合、注意しなければならないのは温度です。トイレは陶器が使われていることが多く、熱湯で対処しようとすると破損する可能性があります。そのため、必ず少し冷ましたお湯を水まわりトラブルの対処のために使用するようにしましょう。